​お米「北のかがやき」

自分達で食べてみてから、「食味」で作る米を選択しています。あくまでも主役は消費者の皆様と考えておりますので、少しでも以前食べた米よりおいしく感じていたけるように努力しております。

米へのこだわり

​こだわりポイント1

農薬の散布回数を半分、さらに散布する量も半分であるため、一般的な米農家よりも実質4分の1しか農薬を使用していません。しかし、農薬の散布回数と量を減らすことにより、米に「黒つぶ」が発生してしまうというデメリットが生じます。そのため色別判別機という機械を導入し、黒つぶの米を分離処理しています。米つぶに黒い部分があると見た目も悪く、実際に米を食べてもらうお客様には出せません。私どもは実際に食べていただくお客様のニーズに合わせるよう努力・工夫を重ねています。

​こだわりポイント2

 

米を「もみ殻」のままで保管をしているため、一年中食味が落ちません。もみ殻のままの米は呼吸をする、つまり生きている状態にあたるため、もみがらを取って保管をすると、米が酸化してしまうので風味を損ねてしまうのです。少しでも新米の風味を損ねることがないよう日々管理しています。

こだわりポイント3

 

米の配達直前に精米をしてから、ご自宅までお届けいたしますので、お米の本来の風味が落ちません。生きたままのお米を、皆様の食卓の上にお届けいたします。

​こだわりポイント4

 

「米」という字は「八 + 十 + 八」を組み合わせて書くそうです。これはそれだけ手間がかかるという意味合いですが、私どもも、より多くの手間をかけて、安心・安全な米を作るということを常に心がけております。